FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐怖心の文章化その1

『踏切』


その夜は雪が積もっていた。

僕の部屋の窓から見渡せる田園風景も綿を敷き詰めたように白一色へと染まり、凹凸が均された平坦な地面が数百メートル先の県道まで広がっていた。

地面には雪の白、明確な境界線を越えて広がるのは空の黒。雪は一時的な小康状態を迎えている。

窓のカーテンを開け、ガラスに溜まった結露の水滴を右手で拭うと、窓から漏れた明かりが辺りの白を輝かせた。まるで僕が一歩踏み出すのを待っているかのように、外には白い絨毯が敷き詰められている。

僕は少しだけ窓を開けると、タバコに火をつけた。窓の隙間から吹き込む風は冷たく、夢現な僕の頭を覚まさせる。何の気なしに遠くの県道を眺めている。

県道の先には踏切があった。

そこに何かが立っていた。

その何かは線路の中央に立ち、両手を力なく垂れ下げた状態で、左右にゆらゆらと揺れていた。
人のような形をしているが、その挙動が公衆の前での一般的な人の様相と大きく異なっていたため、一瞬何か得体の知れない生き物を見たような気分になる。

しかしすぐに、酔っ払いか、と思い直す。

休前日の夜ともなれば羽目を外して限界まで酒を流し込む人も当然いるだろう。そして理性を無くした結果、ああいう失態を生む。

僕はその哀れで滑稽な何かに侮蔑の意を込めながら、タバコを吸い終わるまでの間しばし眺めてやる事にした。

踏切の男がこちらの方に顔を向ける。

この深夜に照明を灯しているのは近隣でもこの家だけだろう。明かりの中に黒い人影が見えたら、大いに目立つかもしれない。
盗み見している事がばれたかな、と僕は苦笑する。

何かがこちらに手を振る。

酔っ払いの奇行に付き合ってやるのも一興かなと、僕も右手を上げる。

そこで僕は気付いた。

その何かの体は、明らかに白すぎた。

その白さが素肌の白さだと気付くのに、さほど時間はかからなかった。

降り積もる雪の中、その何かは、一糸纏わぬ姿で立ち尽くしているのだ。

僕は背筋に冷たいものを感じた。
それは窓から吹き込む冬風のせいだけではない。

あの何かは酔っ払いなどではない。
おそらく違法なドラックなどで精神に異常をきたした狂人だ。
僕は姿と居場所を見られてしまったことで、身の危険を感じていた。

何かは両手を挙げて僕に手を振っている。

僕は金縛りにあったかのようにその何かから目を逸らせずにいる。

目を離した瞬間に、その何かが視界から消えてしまう事が恐ろしかった。
視界から消えた何が気付けば家の前に立っていて、狂ったようにドアを叩きだす――そんな想像が僕の足を竦ませた。

僕はポケットの携帯電話を探り、ベッドの枕元においてきた事を思い出して舌打ちをした。

物音が全て雪に吸い込まれる冬の静寂。

その静寂を切り裂くようにして、踏み切りが叫び声をあげはじめた。
遮断機が下り、その何かを線路の内側に隔離する。

何かは手を振るのを止め、こちらの方に向かってゆっくりと歩き始めた。

僕は目を見開く。

根元まで灰になったタバコを灰皿に押し付けるも、目はその何かから逸らさない。

聴きなれた踏み切りの音が、何かのカウントダウンに聞こえる。

何かが遮断機に近づく。

僕の心は急かされる。

自分が何を望んでいたのか、よく分からない。
ただ、走り抜ける電車の轟音が、この異様な状況に終止符を打ってくれる事を願っていた。

遮断機の内側で、その何かはもう一度手を振った。

その瞬間、貨物列車が轟音を響かせながら踏み切りを通過していった。


・・・・・・・・・

・・・・・・

・・・


布団に潜り込んで目をつぶり震えているうちに、しばしの眠りに落ちていたらしい。
僕はのっそりと布団から上体を起こした。

今の時間は早朝六時。

カーテンの隙間から覗く外は薄暗いが、一日は既に始まりを迎えている時間帯だ。

僕は電気ケトルでお湯を沸かし、インスタントコーヒーの粉末を入れたマグカップに注ぐ。

昨晩の出来事が、まるで夢のように感じられた。

あれから、雪は積もったのだろうか。

僕はカーテンを開けて外を見た。

白が、赤に染まっている。

窓の外、ベランダの片隅に、何かがいた。

下半身の千切れた、上半身だけのその何かは、黄色く濁った血走った目をこちらに向けていた。


【コメント】
うちのアパートから踏切が見える。
自分は子供の頃から『遠くに見える得体の知れないものを覗きみる』事に何かしらの恐怖を感じる部分があった。
遠くにいる=今現在は直接的な関連性がない、しかしバレた場合に自分自身に何かしらの影響を与える可能性があり、その可能性に怯えている。自分では関与できないところで何かが進行し、それに手を加える事は出来ない。自分は当事者で影響を受ける立場でありながら傍観者の立場で係わるほかないもどかしく理不尽な状況、それが恐い。
雪の降りしきる中、遠くの踏切を見ていたらそういう感覚が蘇り、なんとか形にしてみようと思い書いてみた。
今後、そういう『自分の中にある恐怖心』を表現した話なんかも書いていこうと思う。
うまく書けたらだけど。
とりあえず、今回のは限りなく失敗に近い。
精進せねば。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

幕田卓馬

Author:幕田卓馬
糖、脂質、プリン体、塩分などに気を配らないといけない歳になりました…若い頃の不摂生が原因でしょうか。まだ三十路、されど三十路!
そんな男が日々の合間に小説を書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。